専業主婦ぽちゃこのカードローン体験談※内緒で借入する方法大暴露!

  • 主婦にお勧めカードローンを徹底比較
  • 主婦でも借りれるカードローン人気ランキング
  • 気になるカードローンの審査速報

主婦でも今日中にお金を借りれる方法、教えます!

初めまして、ゆる主婦ぽちゃこです。私のサイトに訪問していただきありがとうございます。

 

このページではパートに出て収入のある主婦の方や収入が無い専業主婦の方、それぞれに最もあったお金を借りれる方法を紹介します。

 

主婦がお金を借りれるところといえば、銀行カードローンをイメージする人が多いと思います。

 

ですが、現在は銀行カードローンからの申込み者に破産者が出ている事を銀行だけでなく、国も懸念して2017年の4月頃から規制の厳格化が進んでいます。

 

その状況の中でも、実際に私が借入れをした体験・主婦友にお願いしたアンケートを元に、情報をまとめてお伝えします。

 

主婦のカードローン審査の申込みポイント!

主婦がカードローンでお金を借りる際のポイントは下記のとおりです。

 

  1. 審査が早くすぐに実際に現金が手に入ること
  2. 無利息期間があること
  3. 主婦でも貸してくれること
  4. 家族にバレずに借りることができること

上記のポイントを考慮したうえで、主婦のおすすめのカードローンをご紹介します。

主婦に人気のカードローンランキングはコチラ

主婦でも借りれるカードローン

さっそくおすすめのカードローンをご紹介します。

 

主婦の方でもパートやアルバイトなどで毎月安定した収入がある方と、ご自身の収入が無い専業主婦の方だと、借りられるカードローンも異なってきます。

 

 

rank1 プロミス 申込み数No.1!
WEB申込みなら最短1時間融資!

プロミスはWEBから申込みをした場合、最短1時間融資も可能!しかもはじめて利用であれば30日間利息0円で利用ができ、『WEB完結』で申込みすれば郵送物なしで契約できるので回りの人にバレずに借りれるので安心で主婦の方におすすめです!

プロミスの詳細はコチラ

rank2 アコム

はじめての人は最大30日間、利息0円で契約でき、事前に借入可能か直ぐに分かる3秒診断もあります。本審査も最短だと1時間という早さです。契約後のお金の受け取りは自動契約機または振込みで対応してくれるので、パート帰りの主婦でも借りやすいカードローンです。

アコムの詳細はコチラ

rank3 レイクALSA(アルサ)
選べる2つの無利息期間!

レイクALSAは新生銀行レイクから生まれ変わった消費者金融カードローンです。借入全額30日間無利息orお借入額のうち5万円まで180日間無利息の2つから選べるので、パートなど安定した収入があって、初めてカードローンを利用する主婦に検討してほしい会社です。速ければ、最短即日審査で、その日にお金を借りれる事ができます。

レイクALSA公式サイトはこちら

 

rank4 横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは関東地方にお住まいの人におすすめです!

大手の都市銀行と比較しても負けない低金利で利用することができるので都内・神奈川・群馬県の一部(高崎市・前橋市・桐生市)にお住まいの主婦の人で借入を考えているなら、ぜひ検討して欲しい銀行です。

横浜銀行カードローンの詳細はコチラ


主婦のカードローン審査ポイントを詳しく解説!

さきほど簡単にまとめたポイントについて、ここで詳しく紹介していきます。
【審査が早くすぐに実際に現金が手に入ること】について
いくらカードローンに申込んだからと言っても審査に落ちてしまったり、審査期間が長く実際にお金を借りれるようになるまで時間がかかり過ぎるようだとちょっとしんどいですよね。

 

実際、例えば銀行カードローンで言うと2018年1月から銀行カードローンの審査がより厳格化され、最低でも審査に1日以上、場合によっては一週間程度はかかることになりました。

 

この流れは今後もより厳しくなっていくだろうと言われています。これだとすぐにお金が必要な時に手に入らないので困りますよね。
【無利息期間があること】について
多くの銀行カードローンは一旦お金を借りると非常に高金利の利息がついてきます。

 

その点、消費者金融大手のカードローンは無利息期間が平均して30日間あるものが多く、出来るだけ早く返済してしまえば、ほぼ元本だけ返すことで返済が完了してしまうことも多くあります。
【主婦でも貸してくれること】について
基本的にカードローンでは無担保でお金を借りれるので、信用を得るためにご自身に収入があることが条件になっているケースがあります。

 

なので消費者金融では少しでもご自身に収入があれば融資してもらえる確率は飛躍的に上がります。カードローンには一定の基準が設けられていますが、低い収入でも総合的な審査の状況次第では融資してもらえる確率はかなり高いのが現状です。

 

ですが、消費者金融の場合も、借入希望額が少額(50万円未満)の場合に限り、収入証明書の提出を求められません。 実際の審査の中身は各会社毎に設定されているため、申込みをしてみない限りわかりません。最近は簡単審査を取り入れているカードローンもあるので、まずは自分が借りれる可能性があるかを確認するのがいいと思います。

 

結局『主婦でも借りることができるかどうか』というよりも、その他の要素を総合的に考慮した上で融資の有無をカードローン会社が判定しているというのが現実です。
【家族にバレずに借りることができる】
カードローンでは申込み者のプラバシーを尊重してくれる事がほどんどで、申込時、契約時、利用時などに自分以外の家族などにバレずに契約をすることが可能になっています。

 

申し込みや契約自体はネットで申し込んだ後、電話で本人確認と本契約の手続きになるので自分の近くに物理的に自分以外の人がいない限り誰にもバレません。

 

またネット上でWeb完結の申込みを行えば、実際のカードの受け取りは店頭や自動ATM機で受け取ることが可能なので、自宅に郵送物が送られてきたりする心配もありません。誰にもバレずに借入することが可能なのです。

 

最近ではスマホ1つで簡単に申し込みから借り入れまで行える「アプリローン」を導入しているカードローンもあり主婦・専業主婦に人気です。

 

上記4つの理由から、主婦の方でも審査に通る可能性が高く、かつ、その日中にお金を実際に手にすることができるカードローンとしておすすめなのがプロミスになります。

>>プロミスの公式サイトへ

 

ただし高額融資はちょっと気をつけて!

ただ、ちょっと例外として気をつけて欲しいことがあります。それは『高額融資』です。

 

高額融資

 

具体的にはカードローンの場合、初回契約時に50万円以上の借入希望をすると審査の難易度が一気に上がってしまいます。

 

カードローンの返済実績がない人が最初から50万円以上の融資の申請をすると、年収1000万円以上ある公務員の場合でも融資を断られたケースがあるくらいです。

 

審査担当官はこっそり言うのです。

 

『最初は50万円未満で申請して、後で増額申請して下さい。そしたら審査はすぐ通します。』と。

 

なので、50万円未満の希望なら収入証明書の提出を求められないことからそれ以上の融資希望に対する審査の難易度が高くなることが予想できると思います。

 

消費者金融も銀行と全く同じような思想を持っていて、要は信用の無い人(返済実績がまだの人)にいきなり高額を融資することに躊躇する傾向があるからです。

 

じゃあ最初から50万円以上借りたい人はどうすれば良いのかと言うと、『一旦少額で申し込んで、審査に通ってから自分のマイページで増額申請をする』という裏ワザを使うと高額融資の可能性が一気に上がります。

 

最初から大きな額を借りたい人だと思われないことも、信用を得るために重要な要素だということがわかります。

 

消費者金融でお金を借りるって怖くないの?

でもそうは言っても『消費者金融って何か不安、怖くないの?』って思う方もいると思いますが、正直、今の金融市場は消費者金融も銀行カードローンも変わりはありません。。

 

と言うのも、大手消費者金融の多くは銀行(特にメガバンク)の傘下に入っていて、事実上の銀行の個人融資版のような役割を担っているからです。

 

具体的な例を出すと、下記の表のように、名の知れた消費者金融は銀行グループなので安心して利用できます。

三井住友銀行系列

銀行カードローン : 三井住友銀行
消費者金融 : プロミス、SMBCモビット

 

なので、昔のように『消費者金融=サラ金=怖いお兄さんが出てきて。。。』みたいな図式では全く無くなっています。

 

私が実際にネットでプロミスからお金を借りた時なんかは、仮審査後に話したオペレーターの女性は銀行員以上に丁寧に説明してくれて安心して借入をすることができましたので、銀行カードローンよりも個人的にはオススメです。

その他、ぽちゃこがおすすめする主婦におすすめカードローンランキングはこちらから


主婦に人気のカードローンランキングはコチラ

本当に主婦でも審査に通るのか!?【主婦限定!アンケート速報】

ぽちゃこが主婦限定で依頼したアンケート結果を随時紹介しています。

 

実際にカードローンを申し込んだ時の生活状況、希望の借入金額や実際に借りれた金額、申込時のオペレーターの対応などアンケートに答えてもらいました。初めてのキャッシングで不安になっている方、ぜひぜひ参考にしてください!

 

スルガ銀行の審査結果
審査結果承認
年代20代
属性専業主婦
オペレーターについて感じたこと 丁寧な対応で安心できた。
キャッシングを利用して感じたこと 初めてだったのでとても不安でしたが、窓口のお姉さんが親切丁寧な対応をして下さったので安心できました。無人機での借入だと、手軽ではありますが、顔が見えないので不安も大きいと思います。返済はまだ続きますが、また機会があれば利用しようと思います。
借入目的申し込み項希望融資額と実際の借入金額年収
冠婚葬祭 銀行 30万希望して希望通りの融資だった 450万
加入保険住居形態結婚子供
社会保険 賃貸マンション 既婚 夫婦
同居家族月々の返済額延滞情報他社からの借入
夫と娘 月1万円 無し あり

【審査速報】その他の結果速報はコチラ

各社オペレーターの対応をぽちゃこがチェック!

初めてキャッシングを利用する時は、キャッシング自体にも不安がありますが、電話の向こうにいるオペレーターに対しても不安てありませんか?どうしても街金やヤミ金のイメージが強くて、電話を受け取る相手がドスの効いた低い声のおっちゃんだったらどうしよう・・・と本気で心配していたんです(汗)

 

ここでは、専業主婦でも利用できる銀行カードローンの問い合わせ窓口に電話をかけた時の様子を紹介しています。オペレーターの対応が気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

オペレーターの対応だけじゃなく、各社カードローンのメリットや特徴も併せて紹介しているので、どこのカードローンに申し込もうか迷っている方にもお勧めのページです。

 

金融機関に電話電話で質問したカード会社はコチラ

カードローンを実際に申し込んだ実際に申し込んだカード会社はコチラ

キャッシング1年生の主婦特集!

申込みから借入までの流れを詳しく紹介します

「今までキャッシングは利用したことが無い」「キャッシングって何か不安・・・」という方の為に、ぽちゃこがカードローンを作った時の体験を元に、分かりやすくカードローンの申込みの流れを紹介しています。

 

そもそもカードローンとキャッシング、ローンの違いって何??と思いません?やっぱり『知らない』という事は色々と不安ですよね。ここを読んでしっかりとキャッシングの知識を付けて下さい!とっても難しそう・・と思っていたことも、知ることによって簡単なコトに変わりますよ♪

 

申込み〜借入までの流れ申込みの流れはコチラ

 

キャッシングQ&A

カードローンの申込みや審査、返済についてなど、よくある質問をまとめています。今さら他の人に聞けない・・・と方はこのコーナーをチェックして下さい。気になるブラックリストについての質問にも答えています。

 

よくある質問よくある質問はコチラ

お金にかかわる様々な情報

 

実際に金利を計算してみた

5万借りた時、金利が変わると支払総額はどれだけ変わってくるの?10万借りた時は?30万借りた時は??

 

借りた金額、金利、返済回数を見やすい表にして、パッと見で返済合計金額が分かります。金利について不安がある方はまずチェックしてみてください!

金利比較金利の比較表はコチラ

 

すぐに活用できる節約術

ぽちゃこが友達から聞いた、今日から使える簡単な節約方法を紹介しています。お金を貯めたい!なかなかお金が貯まらないと悩んでいる方は要チェックです。

節約術節約術はコチラ

 

お金にまつわる体験談

「借金の取り立て」や「お金が貯まるマル秘テク」「副業ランキング」など、お金に関するエピソードを集めて紹介しています。

お金が貯まるテクお金の体験談はコチラ

 

気になる他人のお金事情

なかなか知人や友人の家計簿や、お金事情って聞けないですよね。ここではアンケートの集計を元に、1ヶ月にどのくらい生活費を使っているのか、見やすい円グラフなどで紹介しています。

主婦の家計簿データ家計簿データはコチラ

 

その他、30代女子の平均給料や貯蓄についてもアンケートを取ってみました。他の家庭のお金事情が気になる方はチェックしてみてくださいw

お金事情30代お金事情はコチラ

自分に合ったカードローンを選ぶには

チェック

カードローンは銀行でも消費者金融でも販売されている人気の商品です。カードローンの魅力は審査が早くて一度契約すれば限度額の範囲内なら何回でもATMで気軽に借りれるという点ですね。

 

でも、いろいろなカードローンが販売されているのでどれにしたらいいか迷うこともあると思います。自分に合ったカードローンを選ぶにはどうしたらいいでしょうか?

 

STEP1 申し込み条件を確認する

 

カードローンの申し込み条件は年齢が二十歳以上で継続安定した収入があることというのが原則となっています。※無職の専業主婦でも借りれるカードローンについては下記で詳しく解説しています!

 

金利の低いカードローンの中には年収がいくら以上という条件がある場合もあります。

 

また、年金受給のみの人や学生、専業主婦でも借りれるカードローンもあれば、年金受給のみでは借りれなかったり専業主婦は借りれないというカードローンもあります。

 

ですから申し込みの前に申し込み条件をきちんと確認してくださいね。主婦も借り入れ可能となっている場合、専業主婦が含まれているものと含まれていないカードローンがあるのでその辺もきちんと確認してください。

 

STEP2 総量規制対象か対象外か

 

消費者金融など貸金業者のカードローンは総量規制の対象になっているので年収の3分の1までしか借りれません。

 

主婦05

総量規制対象外のカードローンは銀行や信用金庫、JAバンクなどのカードローンで、年収の3分の1までという制限はありません。

 

また、総量規制対象外のカードローンは限度額が100万円あるいは200万円、300万円を超えなければ収入証明書を提出する必要がありません。

 

消費者金融の場合は借入金が50万円を超えるか複数の貸金業者からの借り入れの合計が100万円を超える場合は収入証明書が必要になります。

 

また、専業主婦が消費者金融のカードローンを利用する場合は本人確認書類のほかに配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票か戸籍抄本の提出が必要になります。

 

金額によっては配偶者の収入証明書も必要になります。このように総量規制対象のカードローンに申し込むときは提出書類が多くなり、専業主婦の場合はご主人に内緒では借りれないので、総量規制対象外のカードローンがいいと思います。

 

STEP3 銀行カードローンは審査が厳しい

 

カードローンを申し込むときに気になるのが審査ですが、一般に銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しくなっています。

 

他社借り入れが3件までなら審査に通る可能性がありますが、4件以上あると審査に通るのは難しくなります。消費者金融でも大手消費者金融は審査が厳しくなります。

 

それで、すでに他社借り入れが4件以上あるなら中堅の消費者金融が無難かもしれません。ただ、中堅以下の消費者金融を選ぶときにはよく調べて実績のある信頼できる業者を選んでください。

 

専業主婦がカードローンを利用する場合、専業主婦は銀行カードローンの利用はできないので、審査に自信がないという方は、中堅の消費者金融が販売しているレディースローンの審査に申込むという選択肢もあります。女性に特化したローンなので専業主婦も比較的審査に通りやすいカードローンといえると思います。

銀行カードローンと消費者金融、どちらで借りたらいいだろう

カードローンは若い人にも女性にも人気の金融商品ですね。すでに使っているという方も多いと思います。

 

まだ、利用していないけどこれから申し込みたいという方の中には、銀行と消費者金融ならどちらがいいのかなと考えている方もいると思います。ここではそれぞれの特徴について比較しながらご紹介したいと思います。

 

金利が低いのは?

銀行カードローンのメリットはやはり金利が低いということです。

 

たとえばりそな銀行カードローンは年率4.6%〜14.6%、みずほ銀行のカードローン「コンフォートプラン」は年率3.5〜14.0%です。

 

これに対して大手消費者金融のアコムは年率3.0%〜18.0%、プロミスは4.5%〜17.8%と銀行カードローンよりは高めになっています。

 

ただし、アコムやプロミスには30日間の無利息期間がついているので、無利息期間内に完済できるなら銀行カードローンよりもお得に借り入れができます。

 

提出書類が少ないのは?

カードローンに申し込むときには書類の提出が必要ですが、銀行カードローンは本人確認書類だけで契約ができます。

 

ただし、限度額が一定金額を超えると収入証明書の提出も必要になります。りそな銀行のカードローンなら100万円を超えると収入証明書が必要になります。

 

みずほ銀行のカードローンなら限度額が300万円を超えなければ収入証明書の提出は必要ありません。消費者金融の場合は一社からの借り入れが50万円を超える場合あるいは複数社からの借り入れが100万円を超える場合は収入証明書が必要になります。

 

主婦がカードローンに申し込むなら?

主婦の方で安定収入があるなら、カードローンに申し込みたいという方もいるともいますが、ご主人に内緒で申し込むなら銀行カードローンです。←重要!

 

銀行カードローンは本人確認書類だけで契約ができますが、消費者金融に主婦が申し込む場合は、配偶者の同意書が必要になる場合もあるのでご主人に内緒で契約することができません。

 

また、婚姻関係を証明できる住民票か戸籍抄本の提出も必要になります。

 

専業主婦のために補足!
消費者金融を利用する場合、専業主婦で収入がない人は総量規制の中の配偶者貸付制度があるので、必ずご主人の同意と必要書類の提出が必要になりますので、専業主婦でも借りれるカードローンを探している人は注意してください!

 

即日融資に対応しているのは?

大手消費者金融はどこも即日融資に対応しています。

 

銀行カードローンでも即日融資に対応しているところもありますが、すべての銀行がそうというわけではありません。

 

また、即日融資対応のところでも契約手続きが14時あるいは15時前に終わらないと融資は翌営業日以降になりますので気を付けてくださいね。

 

審査が厳しいのは?

やはり銀行カードローンは金利が低い分審査が厳しくなっています。次に審査が厳しいのは大手消費者金融で、規模が小さい消費者金融ほど審査は緩くなっています。

 

小規模の消費者金融の中には債務整理中でも融資するところがありますが、中にはヤミ金もあるので消費者金融を選ぶとき特に選択肢がすくない専業主婦の方はあせらず十分注意してください。

 

銀行は審査が厳しめですが、安定した収入があり、過去に債務整理や延滞をしていなければアルバイトやパートの人でも審査に通る可能性は十分あります。

 

銀行カードローンは金利も低いので審査に不安がなければ銀行カードローンへの審査をおススメします。

カードローンの利用を考えている皆さん、悪徳業者に用心してください

gp_frame_icon1b

カードローンはとっても便利なのですがカードローンの申し込みの際にはヤミ金や詐欺などに気を付けてくださいね。とくに主婦はヤミ金の標的になりやすいので要注意です!
ヤミ金や詐欺に騙されないためにはその手口を知っておく必要があります。

闇金その1:アルバイト詐欺
アルバイト詐欺というのは、市場調査などのアルバイトの話を持ち掛けて、まずカードローンを契約してお金を借りるように言われます。

そのローンカードを渡すと勝手にお金を借りられて、あとは連絡が取れなくなります。結果、自分が借りたのでもない借金の返済をしなければならなくなります。

消費者金融ではカードローンの譲渡を禁じているので、このような詐欺に遭っても補償はしてくれません。アルバイト詐欺にはくれぐれも注意してください。


闇金その2:整理屋
整理屋というのはヤミ金が弁護士の名義を借りて債務整理を行うものですが、債権者とろくな交渉もせず、あるいはまったく交渉しないで債務整理の依頼者から手数料だけを取り続けるというものです。

弁護士の名前で債権者に受任通知を送ると債権者からの督促はストップします。

それで信用してヤミ金に手数料を払い続けるわけですが、結局返済額は減らず無駄なお金を使うことになります。債務整理を考えている方は信頼できるしかも債務整理に関して実績のある弁護士に相談してください。


闇金その3:ソフトヤミ金
ソフトヤミ金というのは、たとえばお金に困っている主婦や専業主婦でカードローンを利用したいと思っている人に対して最初は親身になって話を聞き信用させたところで契約させて後は違法な利息を取り続けるというものです。

夫に内緒で専業主婦がカードローンでお金を借りたいと思っていて、ヤミ金を利用してしまい返済に行き詰ると、風俗で働くように強要されるということもあります。

年利20%を超える金利は違法ですし、返済するよう風俗等で働くよう強要するのも違法な行為です。違法は利息を払う義務はありませんので、もしヤミ金にかかわってしまったならすぐに警察に相談してください。

また、専業主婦でカードローンを利用したい場合消費者金融では配偶者に内緒で借りることはできません。配偶者の同意書が必要になるからです。銀行カードローンなら本人確認書類だけで契約がでますし、なにより安心です。金利も低いので返済負担の軽減できます。


闇金その4:押し貸し
押し貸しというのは銀行口座に勝手にお金を振り込んできて後から利息を付けて返済しろと迫ってくるヤミ金の手口です。

このような被害に遭わないためには不審なお金が口座に振り込まれていないか日ごろからチェックすることが大切です。

特に商売の関係で口座番号を公表している人などは気を付けてください。また、押賀氏に遭ってしまったらすぐに消費生活センターや警察または弁護士に相談してください。その口座はすぐに解約します。

ヤミ金や詐欺の手口は他にもたくさんあります。怪しい内容のダイレクトメールなどにも注意してくださいね。

ぽちゃこが最新の気になる金融ニュースをお届けします。

ネットショップでクレジット決算を導入する方法

ネットで買い物をするときの決算方法で最も多く選択されるのは、クレジットカードによる決済で5割以上を占めているそうです。その次に多いのが代引き、コンビニ決算、銀行振り込みです。ですから、ネットショップを始める時でもクレジット決済を導入する必要がありますね。お客さんは自分にとって便利な決算方法がないお店では買い物をしたくないので、もし、クレジットカードによる決算方法を導入していないとすれば、多くのお客さんを逃してしまうことになります。

クレジットカード決算を導入するには、クレジットカード会社との契約が必要ですが、審査基準はとても高く、個人事業主での契約は大変難しくなっています。法人であっても規模や実績などに関して高い基準が設定されているので簡単には契約できません。

そこで、個人事業主の方がクレジット決算を導入したい場合は、決済代行会社を利用することができます。決済代行会社を利用すれば、各カード会社と個別に契約をする必要が無く、システム開発する必要もないので簡単にクレジット決算を導入できます。

決算代行会社にはクレジットカード決済をはじめ、コンビニ決済、口座振替決済、銀行振込決済、電子マネー決済、ショッピングクレジットなど、さまざまな決算方法に対応できるようになっています。クレジット決算を導入した場合は、各クレジットカード会社への加盟店申請業務や決済データ処理、売上代金回収まで一括して代行してもらうことができます。決算代行会社と契約した時にかかる費用は、開設契約金、システム利用料(月額費用)カード会社手数料を含む手数料、売り上げ手数料などです。なお、決済失敗の時や与信のみの場合、決済取消の場合は売り上げ手数料は発生しません。

決算代行会社によってサービスや料金には違いがあるので、決算代行会社の一括比較サイトなどを利用して一番利用しやすいところを探してください。

金融ニュース""その他の金融ニュースはコチラ