お金が貯まる人の習慣と貯まらない人の習慣

あなたはお金が「貯まる人」それとも「貯まらない人」どちらでしょうか。

 

 

ファイナンシャルプランナーなどのお金のプロは、少し話しただけで「この人はすぐに貯金できそうだ」「ちょっとがんばらないとできないな」と分かるそうです。
しかも、それが高確率で当たっていると言うからびっくり。
それほど、習慣やクセというのが、貯金できるかどうかに関係しているということですね。

 

今、財布の中にいくら入っているか分かりますか?
分からない人は、お金に対する意識が低いために「貯まらない人」かもしれません。
“仕方ない”が口癖の人や、他人と自分を比較しがちな人も「貯まらない人」です。
仕方ないと自ら諦めてしまっていますが、本当にあきらめざるを得ないことは意外に少ないのです。
他の人をものさしにしてしまうというのは浪費の一因“見栄”が隠れていますよ。

 

 

それでは、「貯まる人」はどんな習慣を持っているのでしょうか。

 

 

【1.財布の中がキレイ】

 

よく財布の中がキレイだとお金がよってくると言いますが、これが本当なのかは分かりません。
財布が整理されているということは、お金を大切に思う気持ちと、お金の管理ができているあらわれであることは間違いないでしょう。

 

 

【2.お金を引き出すリズムがある】

 

月末に1回、毎週月曜日など、月に何回引き出すのか?いくら引き出すのか?が決まっています。
計画的な出費につながり、無駄遣いがなくなります。

 

また、お金のリズムができている人は、早寝早起きといった生活リズムを持っている人も多いのが特徴です。
そのために、病気をしない健康な身体になり医療費がかからなかったり、時間に余裕ができて遅刻しそうだからタクシーを使うなんていう出費も防げるのです。

 

 

【3.買いだめをしない】

 

特売品を見つけるとこの機会を逃してはいけないと思って、ついつい買いだめをしてしまいがちです。
しかし、これは不要なものまで買ってしまい、結果として浪費になる可能性が高いでのす。

 

 

【4.メリハリのある使い方をしている】

 

安くてもいい品物はたくさんありますが、しっかりした目を持っていないと、すぐに壊れて買い直しなんていうことにもなります。
安価なものを何度も買うのではなく、高価でも長く使えるものを選択したほうがお得な場合もあります。

 

また、リフレッシュするために趣味にお金をかけたり、将来の自分のための投資などに使うのも時には必要です。
お金を貯めてから使うというのがポイントですね。

 

 

【5.他人にお金を使う】

 

感謝の気持ちはとても大切です。
人との縁が途切れがちになると、お金のことでも損をすることにもなります。

 

ただの見栄にならないように、身の丈にあったできる範囲で、感謝の気持ちを伝えましょう。

 

 

【6.口座を使い分けている】

 

これはもう「貯まる人」にはおなじみの習慣です。
口座を目的別に複数持つことで、お金の流れや、額が把握しやすくなります。

 

給与が振り込まれたら、すぐに貯金にあてる分のお金を貯蓄用の口座に移す「先取り貯金」を実践している人も多いですね。

 

 

【7.学ぶ姿勢をもっている】

 

貯金をするには、節約や運用など勉強するべきことが多いものです。
セミナーに参加したり、本を読んだりと、お金のことを学ぼうという姿勢を持っていないと、貯金に結びつきにくいのです。

 

 

これまで挙げた7つの習慣は、ほんの一部ではありますが、「貯まる人」の多くが持っている習慣です。
「貯まる人」への第一歩の参考にしていただけたらと思います。

 

十人十色。
生活スタイルも環境も価値観もみんな違います。
しっかりとした自分のモノサシを持って、自分なりの「貯まる人」を目指しましょう。