通信費で節約

携帯電話が普及し始めたのは1990年代後半、今から20年位前だったと思います。当時、何が切っ掛けだったかはっきりしませんが、一気に携帯電話が一般の人にも入手しやすくなり、一大ブームとなりました。

 

auはまだ無く前身の第二電電とかでしょうか。NTTドコモ以外は基地局が整って無く余りつながらないとか、J-Phoneは比較的繋がるとか言う話もあったと位の黎明期と言える時代でした。

 

そのNTTドコモも今と異なり店舗も少なく、大変な混雑で人気の端末(今はなきNECだけが折りたたみ型で大人気だった)は、いつ入荷するかわからないから予約も受け付けないといった状態でした。

 

購入も現金かカードの一括で7-8万とかでしょうか。今のように通信料と一緒に2年間の分割払いとかではなく、現金が必要でした。

 

料金も高く、人気はドニッチョとかでした。ドニッチョの基本料金は3-4,000円位/月+使った通話料だったか、それほど高くは無かったと思います。(ドニッチョ:土曜・日曜は終日、平日も夜の決まった時間以降は安いプランで、それ以外の時間帯も使えたが通話料は高かった。土日夜でドニッチョ)

 

当時、自宅の黒電話の通信費はいくら位だったのでしょうかよく憶えていません。それから今に到って、携帯電話はスマホとなり格段の進歩を遂げています。スマホや携帯電話の複数台持ちは珍しくもありません。

 

そうなるとスマホと携帯電話の合計の基本料金・通話料金は毎月の支出のかなり大きな部分を占めるようになってきました。

 

NTTドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアで料金システムが異なること、更に最近では格安スマホがキャリア以外の業界から出てきて安いけど条件付きだったり、
それ以上に複雑ないろいろなネット環境との組み合わせ、例えばモバイルルーターを別に契約した方がいいとか、携帯・スマホの2台持ちの方がお得な場合があるとか、通話アプリで無料通話が出来るとか、固定電話も使わなくなってきたので止めようかと思ったら携帯・スマホとセットで契約すると逆に安くなったりするのでやっぱり手放せなくなったりとか、2年毎にスマホ本体を新型に買い替えたほうがお得だったりとか、色んなオプションメニューや保険があったりとか、もうどうしたらいいのかよく分かりません。

 

分かっているのは、家族がいるなら同じキャリアで揃えたほうが料金的に安く出来ること。それでも個人個人で好きなプランに申し込むとそれは大抵の場合、一番料金が掛かるパターンになることです。

 

キャリアを超えて、それ以外の格安スマホの業界も超えて、その人・家族の使い方から総合的に一番お得な条件を探してくれるシステムはないものでしょうか。
今のところは、一つのキャリア(格安スマホ含む)を好み?で決めたら、あとはそこで自分の使い方・家族構成などをじっくり時間を掛けて相談するしか無いようです。