生活費の節約術

誰しも無駄なお金は使いたくありません。

 

毎月の収入はだいたい決まっていて、その中で少しでも美味しいものを食べたり旅行に行ったり欲しいものを買ったりしたいものです。仕事も毎日頑張っている自分へのご褒美も必要です。

 

それには毎日の節約しかありません。どこで節約が出来るか。ここはやはり基本に立ち返る必要があります。

 

節約の第一歩。それは現状を知ることです。少なくとも2-3ヵ月は家計簿を付けてください。これは面倒ですが、その後のメリットを考えるとここは頑張ってみましょう。

 

実は仲々計算が合わなかったりしますが、とりあえず細かいものは無視して全体像を把握することを優先します。本当はそういうのが無駄使いにつながっていくのですが、それは後で解決出来ます。

 

毎月何に幾ら位使っているのか。現在の自分の生活パターンを知ることから節約が始まります。

 

ここで忘れてはいけないのが毎月の固定費です。家賃・駐車場・電気代・ガス代・水道代・通信費・各種保険・その他毎月自動的に引き落とされているものも改めて確認してみましょう。

 

これらは所謂、見える化です。最低3ヵ月程度の状況を見て、自分は何にどれ位を毎月使っているかがこれで明確になります。

 

ただ、問題はこれからです。その毎月の結果をどう判断するか。これが最大のポイントになります。これで判断を誤ると効果的な節約は出来ません。

 

FP(ファイナンシャルプランナー)に相談、が一番良いのかもしれませんが、自分で出来る方法としては、現状からのマイナス予算の作成です。もし現在毎月赤字ならその赤字を無くすために、または貯金したいならその額を確保するために、減らすことの出来ない家賃や駐車場代を除く全ての項目で均等に減らした予算をつくることです。

 

例えば、毎月平均約2万円の赤字だとしますと、貯金や保険などの給料天引き分も含めて、全ての項目にその2万円の赤字分の振り分けを行うのです。

 

振り分けは均等にすると一つ一つの項目ごとの負担が小さくなるので節約目標を達成しやすくはなりますが、明らかに無駄遣い多いと思う項目があればそちらに重点的に振り分けてもOKです。

 

本当はそこで作った予算を項目ごとにお財布を分けて使うのが分かりやすくていいのですが、今はカードや電子マネーだけで支払いすることが多いので、せっかく作った予算もその使用状況の把握が困難になっています。

 

一つの解決策としては家計簿ソフトの活用です。グラフィカルに見やすく、進捗状況や現状把握も容易です。無料版もありますので、試しに使ってみるのもいいでしょう。

 

節約は強い意思、と言うより、現状把握とそれを元に目標達成を楽しむくらいの気持ちの余裕が必要です。逆に目標が出来れば生活にもメリハリが出てきて、買い物も楽しく感じるようになるでしょう。節約と工夫で充実した時間を過ごすことが出来ると思います。